蜂の子で生活習慣病を予防

蜂の子が予防する生活習慣病

生活習慣病は国民病とも呼ばれ、年齢や性別を問わず誰でも患う可能性があります。何も対処しなければ重篤な病を引き寄せる恐れもあるので、早めに予防する必要があります。蜂の子には生活習慣病の予防に効果的な栄養素が豊富に含まれています。今回は生活習慣病とは何なのか、それを予防する蜂の子の効果をご紹介していきます。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、長年続けてきた日常の良くない習慣が積み重なって発症・進行する疾患です。必ずしも直接命に係わる疾患ばかりではありませんが、放っておくと進行して、命に関わる重篤な病気を併発してしまいます。

生活習慣病に該当する疾患は数多くあります。

  • 高血圧:安静にしている状態の血圧が慢性的に平常値より高い状態
  • 肥満:脂肪の量が一定以上に多い状態を指します。様々な病気の原因になり、メタボリックシンドロームとも密接に関わっています。日本人はブドウ糖を分解するインスリンの分泌量が低いので、特に注意が必要です。
  • 脂質異常症:血液中のコレステロールや中性脂肪が一定以上に多い状態
  • 糖尿病:血液中の血糖(ブドウ糖)がエネルギーとして消費されないまま血糖値の高い状態が続き、全身の臓器に様々な影響を及ぼす状態
  • 動脈硬化:血管が硬くなってしなやかさを失い、血流が悪くなる状態
  • 心疾患:心臓への血流が一時的に滞る狭心症、冠動脈に血栓ができ心臓への血流が滞る心筋梗塞など、心臓に起こる病気の総称

生活習慣病の原因

生活習慣病は私たちの生活と密接に関わって起きる疾患です。まずは原因を知ることが予防に繋がります。

食生活の乱れ

いつも肉ばかり、野菜ばかりなどの偏食や、ダイエットのために朝食を食べないなどの生活は栄養バランスが偏ってしまいます。このような食生活を続けていると、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの原因になります。

運動不足

毎日の適度な運動は、脂肪を燃焼させて内臓脂肪の蓄積を防ぎます。運動不足が続くと、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、動脈硬化などの原因になります。

ストレス

ストレスがかかると交感神経が優位になり、血管が収縮します。この状態が長期間続くと血液の流れが悪くなり、高血圧や糖尿病、肥満や動脈硬化などを起こしやすくなります。

睡眠不足

睡眠中は脳と身体を休息させ、一日のリズムを整えるための大切な時間です。睡眠不足が日常化すると、糖尿病や動脈硬化、肥満になりやすくなります。また、血圧の上昇から心疾患を起こす危険性も高まります。

タバコ・お酒

タバコに含まれる有害物質、ニコチンは血圧を上昇させる作用があり、一酸化窒素は血液の流れを悪くします。継続的な喫煙は高血圧、糖尿病、脂質異常症、気管支炎、さらには肺がんなどの重篤な病気の原因になります。

飲み過ぎや継続的な飲酒も高血圧、脂質異常症の原因になります。

蜂の子の生活習慣病への効果

生活習慣病の予防には、適度な運動・質の良い睡眠・禁煙・節度ある飲酒・ストレスをできるだけ溜め込まないことが大切です。それに加え、バランスの良い食生活を心掛けることが大きな予防になります。とはいえ、主食や副菜、塩分を控えた食事、野菜・果物を毎日摂るのはなかなか難しく、栄養バランスが偏ることは少なくありません。蜂の子には、豊富な栄養素が
含まれています。タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素が不足しがちな栄養素を補い、生活習慣病の予防に大きな効果を発揮します。

蜂の子の豊富な栄養素が生活習慣病を予防

蜂の子に含まれるビタミンB1は糖分の代謝に関わり、ブドウ糖をエネルギーに変えて血糖値の上昇を抑えます。脂質の代謝にはビタミンB2が関わり、過酸化脂質ができるのを防いで動脈硬化を予防します。B群の一つ、ナイアシンも脂質の代謝を促進する働きがあり、血行を促進させて動脈硬化の予防に期待できるビタミンです。

B群だけではなくビタミンCも含まれていて、ガン化した細胞を抗酸化作用で正常な細胞に戻す効果があります。

蜂の子にはミネラルも豊富に含まれていて、食塩として知られるナトリウムも含まれています。塩分による血圧の上昇は、ナトリウム単体での摂取が原因です。蜂の子に含まれる同じミネラルのカリウムと同時に摂取することでバランスを保ち、血圧上昇を抑えます。

マグネシウムには血圧や血糖値の調整をする作用があります。ビタミンB1の働きを助け、糖尿病、高脂血症、心疾患、血圧の改善効果が期待できます。マグネシウムと相乗効果を生むミネラルがカルシウムです。両方同時に骨の中に存在すると、神経を安定させてストレスを軽減させてくれます。またカルシウムは不足すると動脈を硬くしてしまいますが、安定して体内に存在していることで、高血圧の予防に作用します。

蜂の子には健康維持に欠かせない脂肪酸も豊富です。食品から摂取することが必要とされる必須脂肪酸の一つ、リノール酸は血中コレステロールを減らす働きがあります。この働きによって内臓脂肪が蓄積しにくくなるので、肥満が影響するメタボリックシンドロームの予防に繋がります。

同じく必須脂肪酸のリノレン酸は、中性脂肪の減少、血栓の予防、高血圧の予防効果が期待できます。脂肪酸の一つ、オレイン酸は悪玉コレステロールだけを減らす働きがあるので、内臓脂肪を効率よく減らすことができ肥満予防に効果的です。

これらの栄養素は全てがバランス良く働くことで、それぞれの効果を最大限に発揮します。蜂の子には豊富なタンパク質が含まれ、身体のあらゆる組織を構成しています。このタンパク質が栄養素を吸収する細胞を作ることで、生活習慣病への効果を効率良く生み出しているのです。

蜂の子サプリメントで生活習慣病を予防しましょう。

生活習慣病は、日々の生活での緩みが積み重なって招いてしまうものです。ということは、毎日の生活習慣を見直すことで
誰でも予防することができます。生活習慣病の原因に気を付けながら、蜂の子サプリメントで偏りのない栄養補給をしていきましょう。