蜂の子で動悸・息切れを改善

蜂の子と動悸・息切れの関係とは?

何の前触れもなく心臓の拍動を感じる、それほど身体を動かしていないのに息が苦しくなるなどの症状があらわれると、何かの病気ではないかと心配になるものです。これら動悸・息切れの症状は様々な原因で起こります。中には隠れている大きな病気が引き起こしている可能性もあるので注意が必要ですが、多くは病気以外の原因によって一時的に症状が引き起こされています。蜂の子は、一時的な動悸・息切れの改善に効果を発揮してくれるのですが、まずは動悸・息切れの症状と原因をみていきましょう。

動悸とは

動悸とは心臓の拍動を強く、または速く感じたり、脈拍が乱れるなどの症状をいいます。平常時は心臓の鼓動を感じることはありません。ですが外から何らかの刺激を受けると、ドキドキ、ドクン、といった心臓の動きを感じることがあります。

動悸の原因は様々ありますが、一時的な動悸の原因に、外部からの刺激である不安や緊張が挙げられます。不安や緊張を感じると自律神経が乱れ、交感神経が優位になります。すると交感神経が外部からの刺激から身体を守ろうとして、いくつかの防御反応をあらわします。このときの反応の一つが、動悸の症状としてあらわれてくるのです。

他にも睡眠不足やストレス、貧血による鉄分の減少も動悸を引き起こします。

また、女性特有の症状として動悸があらわれることもあります。妊娠中は血液量が1.5倍に増えるので、血液を送り出す心臓に負担がかかることで動悸が起きる場合があります。生理中も女性特有の動悸があらわれやすく、生理の3?10日ほど前からホルモンバランスが崩れることで症状があらわれます。

ホルモンバランスの乱れは更年期の女性にも影響します。更年期に差し掛かり急激にホルモンの分泌量が低下すると、自律神経が乱れることがあります。すると身体の様々な機能が正常に働かなくなり、心臓のコントロールもうまくいかなってしまうのです。

息切れとは

激しい運動をすると息切れは起きやすいものですが、軽く走ったり階段を登る程度で起きる場合は、心臓機能の低下が考えられます。

酸素は心臓から血液を通って全身に運ばれます。
心臓機能が低下すると身体に充分な血液が送られなくなり、その結果として体内へ運ばれる酸素量が減少してしまいます。すると心臓は呼吸を活発にすることで酸素量を増やそうとして、息切れが起こります。

心臓機能は運動不足でも低下します。また肥満になると、身体に必要な酸素量が増加します。心臓が酸素の供給量を増やそうとして動きが活発になった結果、心臓に負担がかかり機能が低下してしまいます。また、ストレスがかかると無意識に呼吸が浅くなります。これら運動不足、肥満、ストレス状態が長引くと、息切れを起こしやすくなるのです。

蜂の子が動悸・息切れに効果的な理由

蜂の子は、中国では2000年以上も前から最上級の漢方薬として扱われ多くの健康効果をもたらしてくれています。その一つに、衰弱した身体や内臓を元気にする効果があり、昔から効果を認められ重宝されてきました。

現在では豊富なタンパク源として知られ、様々な症状の改善に期待されています。その中には動悸・息切れの症状もあり、蜂の子の豊富な栄養素が高い改善効果を発揮します。

蜂の子の動悸・息切れへの効果

一時的な動悸・息切れの大きな原因の一つに、自律神経の乱れがあります。蜂の子に含まれるミネラル、カルシウムは骨の形成に関わるだけではなく、神経細胞を正常にしてイライラや緊張を抑える働きもします。さらに一緒に含まれているマグネシウムとともに作用することで、自律神経を整え精神を安定させます。

女性に多い貧血による動悸には鉄分の造血作用が有効に働きますが、鉄分には吸収性の低さという難点があります。これをサポートして吸収率を高めるのがビタミンCです。ビタミンCはストレス軽減効果もあり、呼吸を整えて緊張や不安が原因の息切れを改善してくれます。

また、豊富に含まれるビタミンB群は、全てがまとまって働くことで蜂の子の栄養素の吸収率を高め、自律神経の安定に効果的に作用します。

蜂の子の豊富なタンパク質が動悸・息切れを改善

蜂の子には身体を構成する栄養素、タンパク質が豊富に含まれています。筋肉や内臓もタンパク質によって構成されているので、筋力の低下した心臓を再び元気に作り上げてくれます。

タンパク質はアミノ酸が合成されて作られます。アミノ酸には体内で合成できない「必須アミノ酸」と、体内でも合成できる「非必須アミノ酸」の2種類あります。特に必須アミノ酸は良質なタンパク質の合成に欠かせません。必須アミノ酸は全部で9種類あり、通常の食事ではなかなか補いにくい栄養素です。

もう一つの非必須アミノ酸は、体内で合成できますが不足しやすく、こちらも食事だけで補うのは難しい栄養素です。

蜂の子には全ての必須アミノ酸9種類と、非必須アミノ酸がバランス良く含まれています。この蜂の子のアミノ酸バランスが良質なタンパク質を作り、心機能を高めて動悸・息切れの改善に働きかけてくれるのです。また、良質なタンパク質は女性ホルモンの分泌も促し、女性特有の動悸・息切れの改善にも高い効果を発揮してくれます。

動悸・息切れ改善に蜂の子を取り入れるには

動悸や息切れの改善には充分な栄養補給が大切です。蜂の子の加工食品も高い栄養価を誇りますが、サプリメントは特に栄養価の高い時期の蜂の子を使用して、さらに吸収率を高めています。

動悸・息切れの改善には継続的な服用が大切です。継続的に蜂の子サプリメントを取り入れ、健康な身体を維持していきましよう。