不眠や耳鳴りにも効く蜂の子でストレスを和らげる

ストレスによる影響を蜂の子が和らげる

毎日の生活の中で、ストレスは少なからず感じてしまうものです。うまく解消できたり、程度が小さいうちは問題ないでしょう。ですが一旦ストレスを抱え込んでしまうと、気づかないうちに心や身体に様々な影響を及ぼします。多くの健康効果を持つ蜂の子は、ストレス解消にも効果的です。それは蜂の子が不眠・耳鳴りを解消できる理由と深い関わりがあるのですが、まずはストレスが及ぼす影響とその症状にはどんなものがあるのか、みていきましょう。

自律神経の乱れ

自律神経は、交感神経と副交感神経がお互いにバランスをとって身体の機能を維持しています。ところが長期的にストレスを受けた状態が続くと、自律神経のバランスが乱れてきます。すると活発に働くのが、活動時や興奮時に優位になる交感神経です。この交感神経の作用によって脈拍・血圧が上昇し、緊張状態が長引くことによって身体に疲労を感じてくるのです。

ホルモンバランスの乱れ

ストレスはホルモンバランスも乱れさせてしまいます。ストレスを感じると、腎臓の近くにある副腎から、コルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。このホルモンはストレスに対抗するホルモンなのですが、過剰な分泌やうまく消費されなくなることで血圧を上昇させ、反対にストレスの原因になってしまうのです。

他にもストレスを受け続けると脳内物質、セロトニンが減少してしまいます。セロトニンは脳からの伝達を身体に伝える物質で、幸せホルモンとも呼ばれています。減少すると身体を覚醒させる機能が低下したり、自律神経を乱れさせる原因になります。

ストレスを受けることによる症状

ストレス状態が長引くと、心身ともに様々な症状があらわれてきます。

精神的症状

イライラ
気分の落ち込み
うつ状態
気力低下など

身体的症状

頭痛
吐き気
めまい
高血圧
過敏性腸症候群など

ストレスと不眠・耳鳴りとの関係

不眠や耳鳴りは、ストレスが原因の一つになることがわかっています。

ストレスによる自律神経の乱れが引き金になってコルチゾールが増加し、不眠や耳鳴りの症状があらわれるのです。

特に、耳の中には蝸牛(かぎゅう)という器官があり、耳鳴りを患う方は蝸牛の中にコルチゾールが増加していることが明らかになっています。

蜂の子がストレスを和らげる理由

蜂の子は、中国で2000年以上も前から漢方として使用され、身体を軽くし元気を増す薬として重宝されてきました。
その効果は現在では科学的にも解明され、ストレスを軽減できることが明らかになっています。

蜂の子には、私たちの健康な心と身体作りに欠かせない5大栄養素、タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルが豊富に
含まれています。これらの栄養素が心身の不調改善に働きかけ、ストレスを軽減してくれるのです。

豊富な栄養素がストレスを和らげる

蜂の子にはストレス軽減に効果的な栄養素が豊富に含まれています。必須アミノ酸の一つトリプトファンは、精神安定作用のあるセロトニンの材料の一つです。セロトニンは、睡眠時に多く分泌されるコルチゾールを減少させる働きがあります。また、睡眠時には眠りを促すホルモン、メラトニンの分泌を促します。これらの働きがストレス軽減に大きく関わり、不眠や耳鳴りの症状改善に効果を発揮しているのです。

ビタミンB群の一つ、ナイアシンもセロトニンの材料になります。セロトニンが減少するとうつ症状を引き起こすので、 精神安定には必要不可欠なビタミンです。

パントテン酸は、ストレスに対抗するホルモンの働きをサポートする働きを持つビタミンです。不足するとイライラしやすくなるので、ストレス解消のために積極的に取り入れましょう。パントテン酸やナイアシンは、蜂の子に含まれる他のビタミンB群とともに働き、神経の働きを正常に保ちます。神経伝達がスムーズに行われることで、自律神経が整えられます。

ビタミンCはストレス対抗ホルモンの合成に関わります。また高い抗酸化作用を発揮して、神経細胞に発生した活性酸素を取り除き、精神を安定させてくれます。ストレスを受けると消費されていくので、積極的な摂取が必要です。

蜂の子に含まれるミネラルもストレス軽減に効果を発揮します。骨や歯の原料になるカルシウムは、神経細胞にも存在している栄養素です。不足するとイライラしやすくなる栄養素として知られ、神経の高ぶりを抑制して精神安定に働きかけます。

マグネシウムも神経細胞に存在するミネラルです。カルシウムとミネラルは互いに作用しあう性質があるので、同時に摂取するとより効果が高まります。

亜鉛も神経細胞に存在するミネラルの一つです。神経伝達を正常に保つ働きがあり、不足すると気分の落ち込みやうつ症状があらわれます。

豊富な絵タンパク質でストレスの影響を和らげる

ストレスを受けると、様々なストレスに対抗するためにタンパク質が失われていきます。そのためストレスに打ち勝つためには、タンパク質の摂取が必要です。蜂の子には、ストレスと戦うために必要なタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は、いくつものアミノ酸が合成されて作られています。アミノ酸には必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2種類があり、バランスよく摂取することで良質なタンパク質が作られます。特に体内では合成できない9種類の必須アミノ酸は、食品以外からは摂取できないうえに不足しやすい栄養素です。

蜂の子には、9種類の必須アミノ酸と非必須アミノ酸がバランスよく含まれているので、良質なタンパク質を作り出すことができます。蜂の子はこの良質なタンパク質を豊富に含むことで、ストレス解消効果を生み出しているのです。

ストレス解消に効果的な蜂の子の取り入れ方

蜂の子はそのまま食べても高い効果を発揮しますが、サプリメントはより高い効果が期待できます。サプリメントは蜂の子の栄養素を濃縮して、吸収率を高めています。

ストレスは少しずつ減らしていくことが大切です。大きく溜め込んでしまう前に、蜂の子サプリメントで心身の疲れを取り除いていきましょう。