蜂の子でアンチエイジング


蜂の子のアンチエイジング効果はどんな老化を防ぐ?

加齢に伴って、私たちの身体は日々衰えています。何も対処しないでいるとどんどん老化は進み、衰えは増す一方です。老化というとまず肌の老化が思い浮かぶと思いますが、目に見えない部分も確実に老化は進行しています。そこで必要になるのが老化への抵抗、アンチエイジングです。

豊富なタンパク源として知られている蜂の子は、実はアンチエイジング効果も期待できるとして注目されています。その秘密は豊富な栄養素にあるのですが、まずはどんな老化に効果を発揮するのか、みていきましょう。

肌の老化

私たちの肌はバリア機能に守られることで、うるおいを保ったり紫外線からのダメージを防いでいます。ところが加齢やストレス、寝不足などが続くと肌のターンオーバーの周期が乱れ、老化を進行させてしまいます。

肌の老化の原因になるのが、身体の細胞を酸化させてしまう活性酸素です。本来は私たちの身体に侵入した細菌やウィルスを排除する大切な役割を持っています。ところが加齢などの影響で増え過ぎてしまうと、正常な細胞まで攻撃してしまい酸化させてしまいます。この細胞が酸化した状態が、いわゆる老化です。

増え過ぎた活性酸素は取り除かなければ細胞を酸化し続け、老化を進行させてしまいます。酸化による老化を食い止めるには、適切な栄養を取り入れて活性酸素を取り除くことが重要です。

内臓の老化

身体の老化は、加齢やストレスなどの影響で目に見えない体内でも進行しています。内臓が老化すると、直接健康へ影響を与えます。中でも腸は、免疫細胞が身体全体の60%も存在する器官なので、特に老化を防ぐ必要があります。

腸は体内に侵入した細菌を排除したり、栄養を吸収する働きをする器官です。腸内には身体に良い影響を及ぼす善玉菌と、悪い影響を及ぼす悪玉菌、その他まだ機能が詳しく解明されていない菌が存在しています。これらの菌がバランスを保つことで、私たちは健康を維持しています。

ところが、加齢が進むなどで老化した状態を対処しないでいると、腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。すると栄養の吸収がうまくいかず、免疫機能が低下して病気を引き起こしてしまうのです。

脳の老化

加齢とともに、ぼんやりしたり思考力が低下することが増えてきます。これらの症状は神経細胞の機能低下による、脳の老化です。

脳の老化は40代あたりから始まり、男性よりも女性のほうが進行が速いという研究結果があります。ストレスなども老化の進行を速める原因の一つですが、女性の場合は生理中にホルモンのバランスを崩してしまうことも原因として挙げられます。

また、脳は摂取した栄養素の約4割を消費してエネルギーに変えますが、燃費が悪くすぐに不足してしまいます。そのため脳は常に栄養素を欲している状態です。栄養素が適度に行き渡っていれば脳の機能を維持していけるのですが、慢性的に不足していると老化を招く原因になってしまいます。

蜂の子は高いアンチエイジング効果を生み出す栄養源

老化は加齢やストレス、乱れた生活習慣によって進行していきます。加齢に伴って経過した時間は取り戻せません。ですが、失われていく栄養素を補うことは可能です。

蜂の子は栄養補給に優れたタンパク源であり、中国では2000年以上前から若返りの薬としても使用されてきました。その効果を証明するように、蜂の子にはアンチエイジングに効果的な栄養素が豊富に含まれています。老化を進行させる原因の一つは、栄養素の不足です。蜂の子は加齢ともに不足しがちな栄養素を豊富に含むことで、高いアンチエイジング効果を生み出してくれます。

蜂の子のアンチエイジング効果

体内に発生した活性酸素を取り除くには、抗酸化作用を発揮する栄養素が必要です。蜂の子には高い抗酸化作用を生み出す「ビタミンC」が含まれています。ビタミンCの効果で過剰に増えてしまった活性酸素を取り除き、細胞を酸化から守ることで肌の老化を防いでくれます。

蜂の子にはビタミンが豊富に含まれていて、脳の老化にはビタミンB群が効率よく作用します。

「ビタミンB1」は脳の栄養となるブドウ糖を作る過程で必要な栄養素です。さらに作り出されたブドウ糖を脳までスムーズに運び、脳の働きを活発にします。

B群の一つ、「パントテン酸」は脳内神経伝達物質、アセチルコリンを作るために必要になるビタミンです。ストレスへの抵抗力を高める働きもあるので、イライラを抑えて活性酸素の発生を抑える効果も期待できます。

ビタミンの一つとして蜂の子に含まれる「コリン」もパントテン酸と同じくアセチルコリンの原料になり、脳内の神経伝達を正常に機能させて脳の老化を防止してくれます。

また蜂の子に豊富に含まれる脂肪酸の一つ、「リノレン酸」は神経伝達のスピードを向上させる働きがあるので、頭がぼんやりした状態を解消して老化予防に効果を発揮します。

豊富なタンパク質がアンチエイジング効果を生み出す

蜂の子が豊富なタンパク源と呼ばれるゆえんは、含まれる多数のアミノ酸に秘密があります。アミノ酸が合成されてタンパク質が作られますが、良質なタンパク質を作るには必須アミノ酸のバランスが重要です。

必須アミノ酸は全部で9種類あり、食品から摂取するには様々な食品を摂取する必要があります。蜂の子には9種類全ての必須アミノ酸と多くの非必須アミノ酸が含まれているので、蜂の子だけでも良質なタンパク質を作り出すことができるのです。

タンパク質は身体のあらゆる組織を構成する中心的な栄養素で、脳・皮膚・内臓・血管なども全てタンパク質で作られています。作られる血管にはもちろん毛細血管もあり、全身にある血管の99%を占める重要な器官です。毛細血管は非常に細い血管ですがその役割は大きく、全身の細胞に酸素や栄養素を送り、不要な老廃物を回収しています。この毛細血管の血液循環がスムーズに行われることで、全身に栄養素が行き渡ります。

ところが、加齢やストレスなどの影響を受けると毛細血管は減少したり機能が低下するなどして、老化が進んでしまいます。蜂の子が作り出す良質なタンパク質は、この毛細血管の機能低下を防ぎ、健康な毛細血管を増やしてくれます。健康な毛細血管を取り戻すことで蜂の子の豊富な栄養素が全身へ行き渡り、高いアンチエイジング効果を得られるのです。

蜂の子でのアンチエイジングはサプリメントがおすすめ

蜂の子の豊富な栄養素は、全て自然の中で生み出された天然由来の成分です。何も手を加えていない天然成分だからこそ、身体に優しく浸透してアンチエイジング効果を生み出してくれるのです。

もちろん蜂の子は佃煮などで食べても高い効果を得られますが、栄養素を最大限に活かして摂取しましょう。蜂の子サプリメントは、栄養素を極限まで蓄えた羽化寸前の蜂の子を使用しています。さらに吸収されやすく加工されているので、非常に効率よくアンチエイジング効果を実感できます。

加齢による衰えは誰にでも訪れます。それと同じように、老化の進行も誰でも緩めることができます。蜂の子サプリメントを継続的に取り入れ、年齢を感じさせない美しい身体を維持していきましょう。